風俗お役立ち情報

大阪キタのホテヘルの現状について

大阪キタのホテヘルの現状について

"キタ地区は、現在の大阪市内にある北区のJR天満駅から大阪駅周辺にかけての、市内を流れる大川より北側の地域一帯の事を指します。そして、一番人口が集中をしている大阪駅近辺の梅田地区などは大阪でも指折りの大きさを誇る繁華街の1つでもあり、多くの大型商業施設や観光施設、高級ホテルやビジネスホテルなどが立ち並んでいます。それだけに多くの観光客やビシネス客などが中継地点として訪れたりするような場合なども少なくはありませんので、そうした人々を目当てとして、このキタには数多く風俗店が存在しています。それらの中でもとくに、ホテヘルの市場が多い傾向が感じられます。 第二次世界大戦以前の頃から大阪のキタと呼ばれる地域には、多くの風俗店などが存在をしていました。大戦時に一時営業が中断になったものの、それ以後は終戦直後に多くの闇市の開設と共に、売春宿などが建てられたりしたことをきっかけとして、50年代末から60年代にかけては、西日本地方で最初に公の場で風俗店の開店された地域でもあります。それを皮切りに、大阪市内では他の地域などでも多くの風俗店が建てられたりするようになり、今日までに至ります。そして、このキタ地区においても、改正風俗営業法などの影響があってもそれにも負けずに、ホテヘルをはじめ多くの風俗店が粘り強く営業をしているような日常です。"