風俗お役立ち情報

大阪の風俗はヘルス系が多いその理由とは

大阪の風俗はヘルス系が多いその理由とは

"風俗というのは日本全国どこにでもある業種ですが、条例などによってはその県に無い業種というのもあります。大阪の風俗で言えば、ソープランドがそれで、かつて大阪で万博が開かれる以前は、大阪と神戸の福原、滋賀の雄琴の3つが、関西地方の3大風俗街として知られていました。 しかし、現在では大阪ではソープランドが完全に無くなってしまい、そこで働いていた人は雄琴や福原に移るか、ヘルス系の店に移ることになりました。そのせいか、大阪ではヘルス系の店が多く、他の地域では結構珍しいマットヘルスというのも多くなっています。 マットヘルスというのは、ソープランドで行われるサービスの一つであるマットプレイをメインに行うヘルスで、それまではソープランドでしか楽しめないサービスだったものが手軽に遊べるということや、ソープランドで働いていた経験が活かせるということもあり、大阪を中心に徐々に広まっていったのです。そんなわけで、大阪は他の関西圏の地域に比べてもヘルス系が充実しているという一面があります。もし、大阪で風俗を楽しみたいというのであれば、ヘルス店を中心に探してみると良いかもしれません。他の地域ではなかなか味わえないようなサービスも期待出来ます。"